黄金シルクのブラシ使い方質問お客様の声安心・安全へのこだわりご注文
肌をやさしくなでるだけで角質が落ちる黄金のシルク
なぜお肌がツルツルになるのでしょう
ご存知のように生糸(シルク)の原料となる繭は蚕によって作られます。
その繭は一個につき長さ約1200mの糸が100万箇所にもおよぶ糸と糸の接着点によってあの独特の形が作られています。
この糸と糸を繋ぎとめる接着剤の役割を持つのが、天然保湿成分である「セリシン」です。

このセリシンは通常、絹糸に加工されるまでに精錬と呼ばれる工程で取り除かれる成分ですが、濡らすと粘着性を帯びる性質を持っています。
そこで本品はそのセリシンを取り除くことなくブラシの毛先に使用することで、濡らしてなでるだけで毛先が粘着性を発揮し、古い角質や毛穴の汚れを優しく取り除いてくれるのです。
さらに、蚕がはき出す一本の糸の太さは髪の毛の約30分の1という細さです。
ブラシの毛先にはこの極細の糸を10~12本ほど撚りあわせた糸が使われています。このことにより毛先の糸一本一本には目に見えないほどのゆるやかな凹凸が形成されており、やはり、なでるだけで古い角質を優しく取り除いてくれることに一役買ってくれています。

このように「セリシンの粘着性」と「極細繭糸が生み出すゆるやかな凹凸」のダブル効果によって肌をツルツルにします。

シルク・ドレ(SILK D’OR)のご購入は通販生活ホームページにてお願い致します。
商品に関するお問い合わせ
株式会社TTJ 〒730-0051 広島県広島市中区大手町3丁目2-19 TEL 082-236-7435 FAX 082-236-7436
Copyright 2011 © Textile Trade Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.